キャッシングに大事な利息について|慰謝料が払えない

過払い金請求をする場合は専門家に相談がおすすめ

キャッシングに申し込みをすると金利は気になる所だと思いますが、現在では「利息制限法」で10万円未満は10%、10〜100万円未満は18%、100万円以上は20%(いずれも年利)で、これ以上で貸し付けても無効と規定されています。

 

しかし数年前は貸金業者の中でも20%以上の金利で貸し付けていた所があったのは利息制限法に罰則がなかったためです。
そして利息制限法が施行される2010年以前は「出資法」で利用金額に限らず年利29.2%と規定されており、このギリギリの金利を設定していた貸金業者が多く存在しましたが、罰則があることからこれ以上で貸し付けている所はありませんでした。

 

そこで利息制限法の上限金利から29.2%の間(これを「グレーゾーン金利」と言います。)で貸し付けてもらった場合に利息を再計算して払いすぎているようであれば戻してもらういわゆる「過払い金返還請求」をすることができます。
利息の再計算や過払い金返還請求の手続きは自分でできないことはありませんが、心配な場合は専門家に相談することをおすすめします。