離婚・事故での慰謝料が払えない時の対処法とは

慰謝料が払えないとどうなる?

 

慰謝料と言うのは突然発生するものです。
例えば離婚。
相手側の不貞があった場合に離婚するとなれば、相手に慰謝料を請求される可能性があります。
次に事故。
事故にあい、相手に身体的・精神的ダメージを与えた場合は慰謝料を支払わなければなりません。
慰謝料と言うのは突然発生することが多いので、前もって貯金をしておくことなんてできません。
ですので大抵の人は慰謝料が払えない事態になってしまうのです。
しかし慰謝料を先延ばしにすることは難しいので、どうにかしてでも用意する必要があります。
ここでは慰謝料が払えない時の対処法について紹介しています。
もし慰謝料が払えないと悩んでいるのなら、当サイトを参考にしてみてくださいね。

慰謝料が払えない時に利用したいキャッシングランキング

 

慰謝料払えない1位アコム

アコム

アコムは即日融資OKの大手キャッシング!

平日の14時頃までに審査を終わらせておけば、その日のうちにお金を振り込んでもらうことができます。
慰謝料が払えないと悩んでいる人も、即日融資を利用すれば今日中にお金を手に入れることもできますよ。
また申し込みはネットから簡単にできます!
来店不要で24時間受付なので、必要だと思った時にすぐに申し込みOK!
アコムを初めて利用する人は30日間の無利息キャンペーンも利用できるので、お得に借りることが可能です!

 

アコムの一押しポイント

  • 今日中にお金が欲しい時も即日融資で安心!
  • 来店せずに自宅から簡単ネット申し込み
  • 初めての利用なら30日間の無利息キャンペーンを利用できる!

離婚の慰謝料が払えないとどうなるの

離婚にかかる慰謝料は高額な場合が多い

配偶者に精神的な苦痛を与えて離婚する時には慰謝料が発生する場合が多いです。
具体的には不貞行為、暴力、生活費を渡さない、悪意の遺棄(夫婦協力の義務を怠った時)などに慰謝料が発生し、離婚原因として多い「性格の不一致」で慰謝料が発生することはありません。
更に配偶者の不倫相手の旦那さんや奥さんから慰謝料を請求されることもあります。

 

慰謝料はその原因にもよりますが、金額としては100〜300万円程度になるようです。
「預貯金がないから慰謝料を払えない」という時、謝罪の意志を示すことで減額されたり分割払いにしてもらえることもあると言われています。
それでも慰謝料を払わないでいると不動産や預貯金、給料から強制的に徴収されてしまうことがあり、このような場合にはキャッシングを利用して払うという方法があります。

慰謝料を払わずにいると給料が差し押さえられる可能性も

ただし働いていなかったり、不動産や預貯金もない場合はキャッシングの審査に通らないことも多いため、最終的には泣き寝入りになったケースもあるようです。

 

また「既に夫婦関係は破綻していたから慰謝料を払う必要はない」というような時もあると思います。
とにかく離婚の慰謝料に関してはまず、専門家に相談することをおすすめします。
無料相談を行っている所も多いので上手に利用しましょう。

慰謝料が払えない時はキャッシングがおすすめ

高額の借入をする時は金利の低いところを選ぶ

一般的には100〜300万円程度と言われている離婚の慰謝料が払えない場合にはキャッシングを利用する方法があり、これほどの高額であれば金利が低く設定されている金融機関を利用する方が総返済額も少なくなります。
ちなみに貸金業者には様々な種類がありますが最大で年利20%(法律で決められた上限金利)が設定されており、金融機関はこれ以上の金利で貸し付けを行うと罰せられます。

 

キャッシングを行っている金融機関は様々ですが、金利は銀行の方が低く設定されています。
例えば100万円借りて2年で返済する場合、金利が14%の場合と15%の場合では最終的に返済総額が11,000円程、3年で返済する場合は17,000円程違ってきます。

住宅ローンを利用していれば金利が低くなることも

 

またお金を借りると金融機関によって1万円前後の最低返済月額が決められていますので1度の返済でできるだけ多く返した方が総返済額が少なくなることは言うまでもありません。
同じ金融機関で今まで借り入れたことがあって遅れずに返済してきた場合、また住宅ローンを利用している場合には金利が低く設定されることがあります。

 

金融機関を選ぶ時にはその他にも審査の甘い所、利用限度額の高い所など選ぶポイントはいくつかあると思いますので、気になる金融機関がある場合は問い合わせてみることをおすすめします。

 

≫ランキングに戻る!